伽藍博物堂
【伽藍座長一人芝居の旅】


伽藍座長の一人芝居公演。一週間のロングランでした。

「真夜中のセリヌンティウス」「日吉町原発2」「大人の会話」 三本仕立ての1時間。

公演後は毎夜続くBARの賑わいあり、OPEN仕立ての当劇場には刺激的かつ鍛えられる日々でした。

 

2015年6月15日(月)~20日(土)

毎夜19時30分 開演 (30分前開場)

 

チケット代 1000円

お客様の声(アンケートより抜粋)

・はじめて一人芝居を観ました。迫力のある演技に感心。劇に入ったら顔つき、声も全く違って、別人のようでした。

・スピード感のある一人芝居、楽しかったです。「こういうことあるよな」って笑いがとても良いです!

・特別な舞台装置があるわけでもなく、照明が切り替わるわけでもないのに、そこに空間と人や物がみえて感動しました。こうなってくると、生身の人間と対峙した時はどうなるのか気になります…。

・走れメロス、もう一度読んでみたいなと思いました。

 

等々、多数寄せて頂きました。

© 2015 by AsoViva!Theater.